白髪を減らしたい!白髪とメラノサイト

白髪って治るのでしょうか?また、白髪を減らすことは可能でしょうか?

 

実は薄毛と違って白髪は遺伝的要因が強いと言われています。
白髪になる理由は医学的にもまだ分かっていない部分が多いのです。
白髪は加齢現象の1つです、年齢を重ねても白髪が目立たない人もいますが、 1本も出ないと言う人がほとんどいません。

 

髪の毛の黒い色の元は毛母細胞にあるメラノサイトが作るメラニン色素です。
メラノサイトの働きが鈍くなったりメラノサイトの数が少なくなったりし、
メラニン色素を作り出す力が低下すると白髪になってしまいます。

 

今のところ白髪を根本から治す薬はありません。白髪の治療では毛母細胞のメラノサイトの働きを良くすることが優先です。

 

基本的にはメラニン色素を作り出す機能が低下していると白髪が抜けた後にはえてくる髪も白髪です。

 

ただしストレスによって一時的に白髪になった場合またメラノサイトが活性化されることで黒髪になることがあります。

 

例えば白髪の発生にはメラニン色素が関係してます。
目に見える髪の毛は死んだ細胞なのでそれがストレス等で一晩にして白髪に変わるということはありません。
白髪が増えているのに気づかないくらい余裕のない状態が続いてある日鏡を見て増えている白髪に気づいたということがそのような状態かもしれません。

 

また白髪を抜くと増えるといますがこれは本当なのでしょうか。

 

白髪はメラノサイトの働きが悪くなることなどが原因です。
白髪をぬいてももこんのねらのサイトが悪い影響を受けるということはないです。
白髪を抜いてから増えると言うこともないです
白髪を無理に抜くと毛根が傷つくので次に入ってくる白髪にウェーブがかかってしまったり、髪の毛そのものが生えてこなくなるということはあります。
またストレスで白髪が増えると言うのはどうでしょうか。
ストレスと白髪の関係はっきりしていませんが、40代以降の白髪が特に多く、この時期は仕事や家庭でもストレスをかんじやすい時期ですのでその影響はないとはいえませんね。